TOP  >  いすみの魅力  >  地域おこし協力隊

いすみの魅力

移住・定住情報

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは?

「地域おこし協力隊」制度とは、総務省が平成21年度から取り組んでいる事業です。条件不利地域等の地方公共団体が、都市地域から地域活性化に意欲のある人材を「地域おこし協力隊」として委嘱。一定期間地域に居住し地域協力活動を行うことで、地域課題の克服とともに、隊員のその地域への定住・定着を図る取組みです。

総務省HP(地域おこし協力隊について)    
⇒ http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

いすみ市では「地域おこし協力隊」制度を活用し、人口減少・少子高齢化の進む本市において、新規移住者の誘致促進や地域活性化を目的として、「地域おこし協力隊」が日々活躍しています。

■ 農林課

 木村 匡希

 坪田 十命

 小池 優作

■ 水産商工課

 松田 文

 江頭 桜子

 後藤 啓一

 池田 亮子

 太田 忠佑

 加賀利 航平

■ オリンピック・観光課

 草原 学

 藤田 好一

 大川 要

 穂積 奈々

 鈴木 爽太

 加賀美 美代子

協力隊の活動状況

そのほかの活動の様子はこちら
 (いすみ市地域おこし協力隊  Facebookページ)

お問い合わせ いすみ市役所 企画政策課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ