TOP  >  市民の暮らし情報  >  いすみ市ため池ハザードマップ

市民の暮らし情報

防災・災害・防犯

いすみ市ため池ハザードマップ

ため池とは

ため池とは、主に農業用水の確保を目的として作られた池のことをいいます。
大雨時には一時的に雨水を貯めることで、洪水調整や土砂流出の防止などの役割を持っています。
火災が発生したときは、消火用水としても利用されます。

ため池ハザードマップについて

ため池が決壊した場合に迅速かつ安全に避難するための参考資料として、決壊による被害を予測し、地図化したものが「ため池ハザードマップ」です。

※ため池ハザードマップは、次の条件で解析・作成されています。

ため池が満水のとき、大地震などが原因で一瞬で決壊し水が流れ出したと想定。

10メートルメッシュ情報を利用し、水が流れる方向・水深・流速等を試算。

大きな河川に水が流れ込むことは試算されていますが、ため池の堤体が崩れることによる土石流、小さな水路や建物などの障害物などは考慮されていません。


ハザードマップは、あくまで被害を想定したものであり、実際の災害による被害は、想定を上回る可能性があることに留意する必要があります。
日頃から浸水想定区域や避難経路を確認するなどして、迅速な避難行動を行えるよう心がけましょう。

ため池ハザードマップ(ダウンロード)

 ため池ハザードマップ(名熊ダム) ※防災重点ため池


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 農林課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ