TOP  >  市民の暮らし情報  >  40歳から57歳の男性を対象に風しん抗体検査及び風しんの定期接種を実施します

市民の暮らし情報

福祉・保険

40歳から57歳の男性を対象に風しん抗体検査及び風しんの定期接種を実施します

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた、40歳から57歳の 男性を対象に、風しん抗体検査及び予防接種法に基づく風しんの定期接種を 実施します

 これまでに定期接種の機会がなく、抗体保有率が低い年代である40歳~57歳(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間生まれ)の男性を対象に、全国的な制度として予防接種の機会を1回設けることとなりました。

 3か年の計画であり、令和元年度は40歳~47歳の方が受診券(クーポン券)を発送する対象となります。

対象者

40歳~47歳男性

    (昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれ) 

令和元年7月上旬に受診券(クーポン券)を発送します。(申請は不要です)

48歳~57歳男性

    (昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれ)

来年度以降に3年間で順次、受診券(クーポン券)を送付する予定ですが、 希望があれば、7月以降に受診券(クーポン券)を発行することが可能です。 望される方は、大原保健センターまでお申し込みください。

    大原保健センター 電話 0470-62-1162

実施期間

令和4年3月31日 まで

風しんの抗体検査

受診券(クーポン券)を持参し、実施医療機関などで「風しん抗体検査」を受けます

 平成26年4月以降に風しん抗体検査を実施した結果、十分な量の風しん抗体が判明している方で、抗体検査結果票等の証明となる記録がある方は、今回改めて抗体検査や風しん予防接種を行う必要はありません。

実施手順

1.検査の実施を希望する医療機関・健診機関に、事前に実施確認の連絡をしてください。

2.検査当日は、交付された受診券(クーポン券)を持参してください。

3.受診券(クーポン券)、本人確認書類(運転免許証等)の確認を受けた後 に、予め実施機関に用意されている受診票に必要な事項を記入して、検査を受けてください。

風しんの予防接種について

抗体検査の結果、抗体価が低く(HI法で8倍以下など)、風しんの予防接種を受ける必要のある方は、医療機関にて「風しん予防接種」を受けます。
実施手順

1.事前に予防接種協力医の所属する医療機関に予約をする。

2.予防接種当日に、受診券(クーポン券)と風しん抗体検査の結果、本人確認書類(運転免許証等)を持参する。

3.医療機関に予め用意されている予診票の各項目を記入し、予診の結果、接種が可能となった場合、麻しん風しん(MR)混合ワクチンの予防接種を受ける。

4.接種後に交付される接種済み証は各自で保管する。

リンク先

夷隅郡内医療機関.pdf

・風しん抗体検査・予防接種が受けられる医療機関はこちらです。(厚生労働省ホームページ

いすみ市 風しん任意予防接種助成について

平成2年4月1日以前生まれで60歳までの方に、風しん任意予防接種の助成を行っていますが、対象年齢が同じ男性については、「風しん抗体検査及び定期予防接種」のみの対象となります。

風しん追加的対策の内容について

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

 


PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。

お問い合わせ いすみ市役所 健康高齢者支援課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ