TOP  >  市政情報  >  ふるさと応援寄附金記念品協力事業者募集

市政情報

まちづくり

ふるさと応援寄附金記念品協力事業者募集

いすみ市では、ふるさと応援寄附金制度による本市への寄附促進と、地元特産品の販売促進又はPR、地元経済の活性化を図るため、寄附者に返礼品として商品や体験型サービス等(以下「記念品」という)を提供していただける協力事業者を募集します。

募集の要件

記念品協力事業者は、次の要件を全て満たすことが必要となります。ただし、要件に適合しても市が適当でないと判断した場合は、この限りではありません。

①各種法令、条例等に沿った生産、製造、加工、販売又はサービスの提供を行っていること。

②市内に本社(本店)、支社(支店)、事業所、工場のいずれかがあり、市内で生産、製造、加工又はサービスの提供を行っている法人、団体又は個人事業者であること。 ただし、市内で生産された原材料等を使用し、製造、加工、販売を行っている場合で、市外の事業者も可能とする。

③市税の滞納がないこと。

④代表者等が暴力団による不当な行為の防止等に関する法律に掲げる暴力団の構成員等でないこと。

記念品の要件

記念品は、原則として次の要件を全て満たすことが必要となります。また、詳細な要件は、ふるさと納税に係る指定制度の運用について(平成31年4月1日付け総税市第17号)ほか、総務大臣が定める基準に該当する必要があります。

①市のPR、地域ブランドの向上、産業振興又は観光振興に寄与する要素をもつ商品等であること。

②市内で生産、製造、加工、又は原材料の主要な部分に市内の原材料を使用しているもの、市内で提供されるサービスのいずれかに該当していること。

③市外で製造又は加工されるもので、その主要な部分が市内で生産された原材料を使用しているものであること。

④受注後に速やかに記念品を発送することが可能で、品質及び数量面で安定した供給ができるものであること。ただし、生鮮品等の期間が限定される商品の場合は提供期間内の適用とする。

⑤飲食物については、発送日から5日程度の消費又は賞味期限が保証されること。

⑥体験型サービスは、市内にてサービスの提供がされるものであること。また、利用申し込み後1年程度の有効期限を設けることができること。

記念品の価格

記念品の価格は、寄附金額の3割以内(税込)とします。また、記念品の送料は市が負担します。

申込方法

申込書に必要事項を記入し、次の資料等を添えて、オリンピック・観光課まで提出して下さい。

いすみ市ふるさと応援寄附金記念品協力事業者募集(様式1)

いすみ市ふるさと応援寄附金記念品協力事業者募集(様式2)

③事業者概要、パンフレット、活動内容が分かる資料(任意様式)

④商品の提供にあたり公的許可等が必要な場合は、許可証等の写し

⑤記念品の画像データ

その他留意事項

①いすみ市ふるさと応援寄附金「記念品」提案申込書(様式2)の審査にあたり、公的許可等の照会及び確認をします。

②記念品の提案にあたり、飲食物については試食用をご提供下さい。また、現物又は現場の確認をします。

③記念品登録にあたり、市が契約する委託事業者から業務に必要な書類や画像等の提供依頼があった場合には、別途委託事業者に提出して下さい。

④ふるさと納税に係る広報については、市において内容を決定します。

⑤記念品の発送は、市が指定する委託事業者を利用します。また、送料を最小限に抑えるなど過大な包装による発送は行わないで下さい。

⑥記念品の発送等に係る関係書類は、1年間保管して下さい。

⑦記念品協力事業者は、個人情報の取り扱いについては、いすみ市個人情報保護条例及び関係法令を遵守して下さい。また、寄附者の個人情報は記念品以外の目的に使用することはできません。

⑧記念品協力事業者は、あらかじめ申込みをした商品を変更・販売中止する場合、商品発送の遅延及び品質等で事故が発生した場合には、速やかに市及び委託事業者へ報告するものとします。

⑨記念品協力事業者は、記念品に関して寄附者又は市が指定する委託事業者から、記念品の提供に係る事故、苦情等があった場合は、真摯に対応してその解決に努めます。また、品質等による苦情対応について、市は一切責任を負いません。

⑩記念品の内容が本要項に定める要件を満たさなくなった場合、虚偽や市に損害を及ぼす行為があった場合は、取り扱いを中止します。

お問い合わせ いすみ市役所 オリンピック・観光課 電話番号はこちら お問い合わせ
ページの先頭へ

ページトップへ